ヒューマンドラマ

ハニーボーイ (Honey Boy)

あらすじ

若くしてハリウッドのトップスターとなったオーティスは、忙しい日々のなかでアルコールに溺れるようになっていた。ある夜、事故を起こしたことをきっかけにPTSDと診断された彼は、その原因を探るため過去の記憶をたどり始める。10年前、子役として活躍する12歳のオーティスは、精神の不安定な父ジェームズに悩まされていた。そんな彼を心配する保護観察員らとの交流を通じ、オーティスは少しずつ成長していく。

日本の公開日: 2020/08/07

製作国: 米国

監督: アルマ・ハレル

キャスト: ノア・ジュープ (オーティス(12歳)), ルーカス・ヘッジズ (オーティス(22歳)), シャイア・ラブーフ (ジェームズ)

映画公式サイト: gaga.ne.jp/honeyboy/

プロのレビュー

Charlotte O’Sullivan

London Evening Standard

これは荒涼としたものです。しかし、それはまた実に楽しい。

スコア: 60/100

Clarisse Loughrey

Independent (UK)

その映画は繊細に傷を負い、子どもの頃の痛みがいかに私たちを変えていくかを認識することで平和を見いだす。

スコア: 80/100

Peter Bradshaw

Guardian

これは一見自己顕示的な虚栄プロジェクトのように見えるが、非常によく指示され、実行されている。

スコア: 80/100

スコア

映画評論家

94%

vs.

映画観客

92%

Source: Rotten Tomatoes

コメント