ホラー

マッド・ハウス (1BR)

あらすじ

ロサンゼルス、ハリウッド。複雑な家庭環境のトラウマから逃れるため、サラ(ニコル・ブライドン・ブルーム)は、法律事務所で働きながら新しい人生をスタートさせる。幸運なことに、ある見学会で条件にぴったりな物件を見つけたサラ。住民たちは歓迎パーティーを開き、サラを温かく迎え入れる。ところが、サラは何か様子がおかしいことに気付き始める。夜は奇妙な音がして眠れず、脅迫めいた手紙が届き、誰かに監視されているような気がする。そしてある晩、部屋で住民の一人に襲われ意識を失ったサラ。目覚めると、そこには想像を絶する“悪夢”が待ち受けていた……。

日本の公開日: 2020/07/31

製作国: 米国

監督: デイビット・マルモール (David Marmor)

キャスト: ニコル・ブライドン・ブルーム (サラ), ナオミ・グロスマン (ジャニス), ジャイルズ・マッシー (ブライアン)

映画公式サイト:

プロのレビュー

Becca James

Chicago Reader

マッド・ハウスのユニークなタイムラインは、その目に見える緊張感と相まって、ホラー映画とカルトのカタログに忘れられない追加となっています。

スコア: 80/100

Simon Abrams

RogerEbert.com

トンネルの終わりには、サラへの光が灯っていて、彼女の爪を見るのは、はっとさせるような方法ではあるが、しばしば楽しい。

スコア: 75/100

Katie Smith-Wong

Flick Feast

マッド・ハウスは、「狂信的教団 」というジャンルに加えて、マーマーの優れた方向性によって、「好むと好まざるとにかかわらず 」エンディングに到達する前に、どちらかというと予測可能なストーリーを興味深いものにしている。

スコア: 60/100

スコア

映画評論家

87%

vs.

映画観客

%

Source: Rotten Tomatoes

コメント