ヒューマンドラマミステリーサスペンス

ウルフ・アワー (The Wolf Hour)

あらすじ

記録的な猛暑となったニューヨーク。治安の悪化により、暴徒と化した市民が至るところで略奪を繰り返し、さらに女性ばかりを狙う連続殺人鬼の出現が、街に暗い影を落としていた。ブロンクスに暮らす女流作家ジューンは、カウンターカルチャーの旗手として輝かしいキャリアを築いてきたが、ある事件をきっかけで筆を折って以来、外界と隔絶し、自宅に閉じこもっていた。そんなある日、ジューンが暮らすアパートのブザーがけたたましく鳴り響く。一体、訪ねてきたのは誰なのか? だがそのブザーは、彼女を待ち受ける地獄の始まりにすぎなかった……。

日本の公開日: 2020/07/31

製作国: イギリス、米国

監督: アリステア・バンクス・グリフィン (Alistair Banks Griffin)

キャスト: ナオミ・ワッツ (ジューン・リー), ジェニファー・イーリー (マーゴット), エモリー・コーエン (ビリー)

映画公式サイト:

プロのレビュー

Danny Leigh

Financial Times

ワッツは、彼女が頻繁に行ってきたように、重労働をするために残されています。彼女のキャラクターは、まるであなたが彼女と一緒にそのスウェットボックアパートメントにいたかのように、現実に輝いています-マルホランド・ドライブから遠く離れても。

スコア: 60/100

Beatrice Loayza

AV Club

ウルフ・アワーは、恐ろしい黒人男性の世界にいる白人女性の偏執的な恐怖の寓話のように奇妙に感じられるようになる。

スコア: 60/100

Rich Cline

Shadows on the Wall

この映画は、まるで無音のように感じられたり、物語が進むのに時間がかかるにもかかわらず、映画の中に入り込んでしまう。

スコア: 60/100

スコア

映画評論家

52%

vs.

映画観客

44%

Source: Rotten Tomatoes

コメント