ヒューマンドラマミュージカル

レト (Leto)

あらすじ

1980年代前半のソ連・レニングラード。資本主義諸国の文化は禁忌とされていたが、L・ツェッペリンやT・レックスなど、西側のロックスターの影響を受けたアンダーグラウンド・ロックが花開こうとしていた。ある日、その最前線で人気を博していたバンド、ズーパークのリーダーであるマイク(ローマン・ビールィク)のもとに、ロックスターを目指すヴィクトル(ユ・テオ)が訪ねてくる。マイクはヴィクトルの才能を見出し、共に音楽活動を行っていく。一方、マイクの妻ナターシャ(イリーナ・ストラシェンバウム)とヴィクトルは、互いに淡い恋心を抱くようになる……。

日本の公開日: 2020/07/24

製作国: ロシア, フランス

監督: キリル・セレブレンニコフ

キャスト: ユ・テオ, ローマ・ジヴィエ, イリーナ・ストラシェンバウム

映画公式サイト: leto-movie.jp/

プロのレビュー

Kevin Maher

Times (UK)

その前提に脅さないでください。

スコア: 80/100

Iana Murray

Little White Lies

音楽史上、あまり知られていない時代の真面目な肖像画。

スコア: 80/100

Luis Fernando Galvan

En Filme

当時の重苦しい雰囲気をかもし出す白黒で見事に撮影されたこの映画は、魅惑的な映像の中に生きている。

スコア: 80/100

スコア

映画評論家

78%

vs.

映画観客

78%

Source: Rotten Tomatoes

コメント